「安倍改造内閣」その実態は「麻生仮想内閣」!?

印刷

   まるで濁流。永田町で噴き出る自民党の不明瞭なカネの動きである。そんな泥沼化する永田町に「大きな変化」が起きている。今日の『スパモニ』は、官邸から党へ、安倍首相から麻生幹事長へ実権が移行している、という政界ウォッチャーの見方を取り上げた。

   「改造内閣は今や麻生準備内閣、麻生仮想内閣といってもいい」。こう語るのは政治ジャーナリストの上杉隆氏だ。それを垣間見たのが遠藤農水相の辞任劇。

   ぶら下がり会見で、遠藤農水相辞任の経緯を問われた安倍首相は「ご自分で決められたことです」と語ったが、実際に引導を渡したのは麻生幹事長と与謝野官房長官だったことは周知の事実だ。

   自殺した松岡元農水相、バンソウコウの赤城前農水相の思慮に欠けた言動が参院選の自民大敗に作用したことははっきりしているが、きちっと処理する能力に欠けた安倍首相と塩崎官房長官の対応が後手に回ったことが、自民大敗に拍車をかけたことは否めない。

   それが改造内閣のあと処理が早くなったのは、「官邸の権力が空洞化し、党に実権が移った」(上杉氏)からというわけだ。

   テレ朝コメンテーターの三反園訓も「確かに官邸主導から党主導に"大政奉還"されたと思います。後ろでシナリオを描いているのが与謝野官房長官ですよ」という。

   もっとも"大政奉還"とはいえ、しょせんコップの中のこと。泥沼化した永田町に本物の「大政奉還」がやってくる日が近いかもしれない。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中