中国に広がる「私有財産保護」の動き

印刷

   急激な経済成長を遂げる中国社会を「私有財産の保護」という観点からレポートするドキュメンタリー「激流中国 民が官を訴える~土地をめぐる攻防」が2007年9月9日21時からNHK総合で放送される。中国では10月1日から「物権法」という新しい法律が施行される。これは、国家と個人の私有財産を"平等に保護する"ことを規定したもので、社会主義国において画期的とされている。法律制定の背景には、いま中国各地で起きている土地収用や住宅の強制立ち退きを、政府が看過できなくなっている事情がある。番組では、ある地方の住民たちの動きに長期間密着し、彼らが初めて「法の力」を使って自分の土地や住宅の権利を守ろうとする過程を描くことで、変わる中国の今を浮き彫りにする。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中