2020年 11月 24日 (火)

「冤罪はなぜ起きたか」富山、鹿児島の「当事者」に聞く

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   今年の春、痴漢冤(えん)罪事件の実話をモデルにした映画『それでもボクはやってない』(周防正行監督)がヒットし、「冤罪」の問題が人々の関心を集めた。

   今回のETV特集では、真犯人が見つかったことで冤罪が判明した「富山の婦女暴行事件」や、自白を強要された「鹿児島の公職選挙法違反事件」の当事者たちに取材し、「なぜ冤罪が起きるのか」に迫る。

   繰り返される冤罪事件。その防止のために今、実現が叫ばれているのが「取調べの録画・録音」だ。取調べ室でのやりとりをすべて記録しておくことで、自白が信用できるかどうかを後で検証できる利点がある。

   欧米や韓国や香港、台湾などアジアでも採用され始めているが、日本ではまだ採用されていない。日弁連は「積極的に取り入れるべし」というが、最高検察庁や警察庁は「時期尚早」と反対する。それぞれに取材し、その理由を聞いた。

   *ETV特集

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中