2020年 10月 20日 (火)

森田芳光、黒澤映画「椿三十郎」のリメイクに挑む

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   故黒澤明監督の傑作のリメイクに森田芳光監督が挑む映画「椿三十郎」が今年12月に公開される。黒澤監督の脚本を変えずに演出を一新した「椿三十郎」。その映画製作の模様が「ハイビジョン特集」で放送される。黒澤版と森田版、それぞれの「椿三十郎」を比べながら、日本映画の原点と将来を探る。

   1962年、日本映画の黄金期に公開された「椿三十郎」は三船敏郎主演の痛快娯楽時代劇。森田自身にとって、映画の世界に飛び込むきっかけとなった思い入れのある映画だ。それから45年。当時の撮影所を知る世代は引退し、昭和の名画を知るスタッフも減ってきた。そこで「日本映画の新たな出発点を築きたい」と意気込んでリメイクを決意した。

   黒澤版とどのような差異をつけて演出するのか? 出演者一人一人への細かい演技指導に熱を入れ、小道具にも凝るなどの手探りを続けた。巨匠と向き合う森田芳光監督の奮闘に迫る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中