山本モナは「和製パリス・ヒルトン」!?

印刷

   元カレと復活したと(週刊誌で)噂の山本モナが、タイ国際航空のキャンペーン・パーソナリティに就任。会見の模様が流れると、人物鑑定家のテリー伊藤がモナの魅力を大いに語った。

ルーズな人がいたほうがいいですよ

   まずは、モナが所属する芸能事務所の大先輩、ビートたけしが命名したという「和製パリス・ヒルトン」なるキャッチフレーズを紹介。

   自身が番組で共演した経験から、「一緒にいると、なにかいい思いができるんじゃないか、と錯覚させてくれる」「男好きのする顔だよね」とべた褒め。キメ台詞は「ルーズな人がいたほうがいいですよ、日本は」

   要するに高級クラブのホステス的な存在だということらしい。しかし、和製パリスと呼ぶには、ちょっとスケールが小さいような感もないでもない!?

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中