欽ちゃんチーム、日本一「安倍総理も見習わないと」

印刷

   やったぜ欽ちゃん、まさかまさかの日本一。

トロフィー、重いんだ

   茨城ゴールデンゴールズが昨日(9月10日)の決勝で強豪NOMOベースボールクラブを破って、278チームの頂点に立った。結成3年目の快挙だ。その萩本欽一監督と選手たちがユニフォーム姿でスタジオへやってきた。

   用意されたくす玉を割って、「おめでとう! 初優勝!」と拍手に包まれた。持ち込んだ「第32回 全日本クラブ野球選手権大会」のトロフィーに、欽ちゃんは「これいただいちゃって。ありがとうございました」。みのもんたがちょっと持ち上げて「重いんだ」に、「歳とってんだから、無理しないで」と欽ちゃん。

   地域に密着した野球で夢を、と球団を結成したのが2005年。マイクを持ち込んでスタンドと交流する「欽ちゃん方式」で大いに話題になったが、05、06年ともに、準々決勝で敗退。06年には選手の不祥事で解散の淵に立たされもした。

   今年こそはと臨んだ今大会も、準々決勝で9回まで3点リードされて敗色濃厚だったが、ここで奇跡の逆転。昨日も準決勝を9回逆転で勝ち上がり。決勝では、ボストン・レッドソックスの松坂投手から贈られた「レッドソックス」に履き替えて、余裕の4対0で日本一の座についた。

   欽ちゃんも選手もスタンドも、もう涙、涙‥‥。監督の胴上げ、バンザイのあと、欽ちゃんはお客さんとも抱き合って喜んだ。

   「ウイニングボールを、欽ちゃん、と一番にオレにもってきてくれるんだ。ふつうならポケットへしまうところを。みんな欽ちゃんのためにやってくれてんだと。それが幸せで」と欽ちゃん。「スタンド行って一緒に泣いちゃった。おばちゃんたち、いつもいつも来てくれて」

   みのが「欽ちゃんが『野球どうしようか』と言ってるとき、オレ言っちゃった。『なに考えてんの?』って。それを偶然見ててくれて、スタジオに来てくれて」というと、「ホントありがとうね」

   チームの紅一点、片岡安珠美選手が監督に手紙を読んだ。「監督は、自分のためではなく、だれかのためにやるんだといっていました。応援してくれた人たちにやっと恩返しができました。欽ちゃんありがとう」

   「しあわせが、大きく心に伝わりました。歳をとると、人のやさしさを見ると、涙もろくなるの」と、欽ちゃんもホロリ。すかさず、みのが「次の目標は?」と聞くと、「ずうずうしく、大きいところへまた飛んでいくよ」

   みのがまた、悪のりで「この快挙、安倍総理も見習わないと」というと、さすが欽ちゃん。サッとカメラを向いて「安倍総理、よろしく‥‥わからないじゃない」とぼけてみせた。いよっ、千両役者!

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中