2020年 7月 12日 (日)

世界屈指の「サンゴの海」沖縄・慶良間に迫る危機

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   沖縄本島から西へ40キロ。世界中のダイバーを魅了する慶良間諸島の海には、ユビエダサンゴやテーブルサンゴなど約250種類のサンゴが生息し、ウミガメやマンタ、色とりどりの熱帯魚が棲んでいる。2005年には日本のサンゴ礁で初めてラムサール条約に登録された。

   しかし世界でも有数のサンゴたちが、今、悲鳴をあげている。水温の上昇が原因で広範囲のサンゴが一度に死にいたる"白化現象"や、がんのようにサンゴを蝕む謎の病気"ホワイトシンドローム"など、様々な危機が迫っている。

   そうした中、慶良間の海で生まれ育ったベテランガイド・大村真俊さんは、サンゴの海を守ろうと奮闘を続けている。今回の「ドキュメント にっぽんの現場」では美しい「サンゴの海」に潜む現代のひずみに密着する。

   *ドキュメント にっぽんの現場

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中