2018年 7月 21日 (土)

新顔コメンテイター「田勢康弘」に注目したい

印刷

   テレビ朝日の政治トークショー「ビートたけしのTVタックル」。2月にも書いたけれど、このところマンネリ気味で、金属疲労は覆い隠せなくなっている。

   たけし、大竹まこと、阿川佐和子のレギュラー陣に、ハマコーや三宅久之なんかの評論家や各政党の政治家が出てくる番組だが、どうにも「馴れ合い」的な雰囲気が強くなっていて、パワーが落ちている。

   そんな中で最近面白いと思うのが、田勢康弘という早稲田大学の教授。元日経新聞の政治記者で、10何人もの総理大臣に取材してきたというキャリアがウリの人。この田勢さんが淡々とした表情で、なかなかハキハキとものを言う。

   その飄々とした感じは今までにないキャラクターなので、今後注目したいと思う。

   TVタックル自体は、政治的トピックスがあれば数字が取れる番組だ。ちょうど今日、安倍首相が辞意表明という大ニュースがあったばかりだから、来週は少し期待できるかな?

      タックルの 力弱まり ノートライ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中