またもドタバタ「相撲協会」杉山さんに取材証を返還

印刷

   テレビ番組で隣に座っている人の意見を聞いてうなずいた。これはニホン人の習性である。YESでもNOでもない・・・。

協会が態度を一変させた

   相撲フアンなら誰でも知っている元NHKアナウンサーの杉山邦博さんがテレビ番組でうなずいた。これを批判したとして相撲協会が取材証の剥奪、つまり返納を要求したことがニュースになった。

   とくダネ!の笠井信輔アナは問題視されたVTRを流しながら報告する。「このうなずきだけで協会を批判したというのです」語尾がグンと高くなった。

   朝昇龍問題で迷走する相撲協会には「朝令暮改」という四文字熟語がふさわしい。一転して、「なかったことにしよう」と取材証の返納を取り消した。

   「大事な取材証を取り上げられた杉山さんが、昨日国技館を訪れると協会が態度を一変させたのです」(笠井アナ)

   「いろいろお騒がせしてすみません。自分の肩書は何でもいいとテレビ局任せにしていたんですが・・・」

   NHKを辞めてフリーになっているわけだから、肩書きは相撲評論家や相撲ジャーナリストになる。

   協会としては肩書きは相撲サポーター、あるいは“しゃべるタニマチ”、どんな局面でも協会を擁護してほしかった――。うなずくなんてもってのほか。

   ところが同氏は東京相撲記者クラブの会友という身分があった。会友には取材証が出る。取材現場に行くための通行証のようなものだ。剥奪は事実上の取材禁止令ということになる。

   北の湖理事長は「杉山さんの功績は承知しているし、批判なども真摯に受け止めます。会友という所在さえはっきりさせて頂ければ、それでいいこと」と説明したそうだ。

   オトナの態度でコメントする杉山さん。オトナゲナイ相撲協会。朝昇龍と今回のドタバタ“場外取り組み”は、ワイドショーでは人気ネタ!になっている。

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中