スタンド超満員「ラグビーW杯」は迫力満点!

印刷

   このところワールドカップ三昧の日々だ。ワールドカップといっても、サッカーではなくてラグビーなんだけど。9月7日に開幕したフランス・ワールドカップ。スカパー!では全試合を中継してくれるので、楽しませてもらっている。

   世界のトップがガチンコでぶつかるのだから迫力満点だし、日本と違ってスタンドは超満員なので盛り上がりもすごい。開幕戦では、開催国フランスと対戦したアルゼンチンが、8万人の観客も敵に回したアウェー状態だったのにもかかわらず、大健闘して勝ったので興奮したねぇ。

   わが日本は初戦で優勝候補のオーストラリアと戦ったが、91対3という大差で負けてしまった。前半はがんばっていたんだけれど、後半に力尽きて次々にトライを決められた。やはり実力差はいかんともしがたい。

   まだまだ世界との差はかなりある。体格では圧倒的に不利なんだから、日本人に向いたラグビーをやらなければダメだろう。外国のマネをしてもかなわない。たとえば、強靭な低いタックルとかの得意技を作らないと厳しいんじゃないかな。

   それでも、2戦目のフィジー戦は大接戦。惜しくも35対31で負けてしまったけれど、着実に力はつけているんだなあと思った。1次リーグはまだ2試合残っている。どこまでがんばれるか、見守りたい。

      実力差 低いタックルで はね返せ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中