2020年 10月 25日 (日)

暗算ができないのは小学校以来の「正確主義」が原因だった!

カンタン約1分!あなたの健康に関するアンケートのお願い
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   今、インド式計算ドリルがベストセラーになるなど「計算」がブームだ。買物や料理の分量計算や海外でのレート計算で暗算ができるととても便利。だが、なかなかうまくいかないものだ。

   実は「一桁まで正確に」という小学校以来の思い込みが暗算を妨げていた!

   今回の「ためしてガッテン」では、暗算上達の秘訣を紹介する。ちょっとした工夫で脳を上手に活用し、ラクに計算することができるのだ。

   番組では10桁の掛け算を数秒で暗算するそろばん名人の脳を分析した。すると、脳の「空間認知」の領域が活発に活動していることが判明。頭の中で「そろばん玉」の画像を映し出し、それを動かして計算していたのだ。

   そうとわかれば、ガッテン流「ドンブリ勘定」を提案する。100円を「1ドンブリ」と置き換えて数え、ざっくり100円単位で足し算する計算法だ。これだけで、買物総額がほぼ誤差なく算出できる。その理由とは?

   あわせて、話題沸騰のインド式計算法も紹介する。

ためしてガッテン

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中