2020年 7月 4日 (土)

中国との「国交正常化」いかにして達成されたのか?

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   「その時 歴史が動いた」放送300回記念となる今回のテーマは「日中共同声明」の舞台裏。戦後日本外交の一大課題だった「中国」との国交正常化はどうやって達成されたのか?

   1972年9月25日、ときの総理大臣・田中角栄が北京を訪れた。国交正常化の達成を間近に控え、メディアは交渉の順調ぶりを伝えていた。しかし、実際の外交交渉の現場は紛糾していた。「日本の戦争責任についての謝罪をどう表現するのか?」「日本は、中国が認めない台湾との関係をどう清算するのか?」4日間を予定した交渉は2日目ですでに暗礁に乗り上げていた。

   最大の争点は「日中戦争はいつ終わったのか」という問題だった。台湾と日華平和条約を結んだ1952年に日中戦争は終わったと主張する日本。しかし、中華人民共和国側は、日華平和条約は無効であり、日中戦争は今回の共同声明の公表の日に終了すると主張。両国の見解は平行線をたどった。それがなぜ、残り2日の話し合いで合意にたどりつくことができたのか。

   息詰まる外交交渉の裏側を、当時の関係者の証言を軸に、両国に保存されていた豊富な記録を交えて描く。

その時 歴史が動いた

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中