「夜の上海」
本木雅弘は上手いが、脚本と演出がでたらめだ

印刷

   たけしの「監督・ばんざい!」も松本の「大日本人」も酷い映画だったが、それ以下の駄作があった。日中合作映画「夜の上海」がそれだ。主演の本木雅弘は上手いし、相手役のヴィッキー・チャオは可愛いのだが。

(C)2007 the Longest Night in Shanghai FILM VENTURER
(C)2007 the Longest Night in Shanghai FILM VENTURER

   何がダメかというと、先ず脚本が出鱈目。ヘアメイクのカリスマ水島(本木)が上海音楽祭が終わって散歩中、リンシー(チャオ)運転のタクシーにぶっつけられる。3mも高く跳ねられるのに無傷で、強引に彼女のタクシーに乗せられるところからオカシイ。大体は病院へ連れて行くでしょう。水島はどのホテルに泊まっているかも知らず、タクシーは夜の上海をさ迷い走る。一方水島がいなくなり、マネージャーの美帆(西田尚美)、広告代理店の山岡(竹中直人)、通訳の原(大塚シノブ)、中国人通訳(サム・リー)らが必死に彼を探すというストーリー。急速に国際都市へ発展した夜の上海の観光案内には良いし、事件の発端も面白い。だが主役二人ばかりでなく、それぞれ脇のロマンスを語っているが、相当に無理がある。

   おかしな箇所を列挙すれば、タクシーは訳あって故意に事故を何度も起こす。その度に車が滅茶苦茶なのに修理工がオートバイでやって来て、板金もしないでチョコチョコと触っただけで直してしまう。口紅数本で車の窓、ビルの壁面から道路まで一杯に落書きをする。その字体はペンキで大筆で書いたような文字。口紅でそんなモン書けるか? タクシーであっちこっち走り廻るだけでどうしてホテルが判るか? 最後に水島のマネージャーに電話を入れて解決するが、そんなモン最初に誰でも思いつかないか? 見ている方はイライラする。

   筋書き以上にダメなのは役者の演技。主役の二人は及第点だが、マネージャー役の西田は中国人の役者だと思った。セリフが棒読み、語尾が固く、感情もこもらないし、何よりささくれ立った声質は生理的に参る。竹中もミスキャスト。オーバーで臭い演技は全体のトーンを乱す。原役の大塚シノブは素人丸出し。この人に俳優の経験あるの?「ピンポン」で楽しませてくれたサム・リーをあんなつまらない端役で使うな! 監督は全体のハーモニーを考えず役者一人一人に勝手にやらせている。

   西田の下手なセリフを聞いていて、監督を見ると中国人のチャン・イーバイ。日本語のセリフのニュアンスが判らず、下手な役者の演出も出来て無い。ミュージックビデオのベテランらしいが、スタイリッシュに撮れば良いってもんじゃない。リアリティを少しは重視して欲しい。

   夜の上海、確かに美しいが5分すれば飽きる。その上海の中のドラマを見に来た観客はあてが外れて、どっちらける。

恵介
オススメ度: ★☆☆☆☆
夜の上海
2007年日本・中国映画、ムービーアイ・松竹配給、1時間50分、2007年9月29日公開
監督:チャン・イーバイ
出演:木本雅弘 / ヴィッキー・チャオ / 竹中直人 / 西田尚美
公式サイト:http://www.yorunoshanghai.com/
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中