2018年 7月 19日 (木)

被告・橋下弁護士、チョー強気「広島なんかにわざわざ行けない」

印刷

   山口県光市の母子殺人事件差し戻し審の被告弁護団に対し、橋下徹弁護士がテレビ番組で懲戒請求を呼びかけた件について、同弁護団の4人が橋下弁護士に損害賠償を求めた訴訟。その第1回口頭弁論が9月27日、広島地裁であった。

主張は答弁書にまとめてある

   毎週月曜日に橋下がレギュラーコメンテーターをつとめている『スパモニ』では、その模様を「弁護士同士の"場外乱闘"」と取り上げた。橋下はインタビューのVTRで「おかしな話に、広島なんかにわざわざ行けない」と相変わらず強気の弁。

   橋下は27日第1回口頭弁論には出廷しなかった。そのことについて、「主張はすでに提出してある答弁書にまとめてある」として、出廷しなくても法廷で陳述したものとみなされる「擬制陳述」の手続きをとったと、ブログで説明している。また、次回も直接出廷しないで、「電話会議システム」を用いた手続きを利用するという。

   「一般の人を盾に『自分は助かろう』と極めて許しがたい行為」と、真っ向対決の姿勢を示していた原告の4人は肩透かしを食らった形。「テレビに出ていて裁判所に出廷しないなんてふざけた話だ」と怒りをぶちまけた。

   次回以降の電話会議システムについても原告側は「非公開が狙い。橋下弁護士はこの裁判の重要さをどう考えているのか」と批判した。この場外乱闘、仕掛けた方が振り上げたコブシの置きどころに困ったといった感がなくもない。

   スタジオでは、電話会議システムを知らないコメンテーターが何か言いたそうな雰囲気。そうと察した弁護士の石丸幸人が「民事では、今や電話会議は当り前になってます」。一同これで納得したのか、これには反応なし。

   21人の被告大弁護団の登場いらい、今や本筋から大幅に横道にそれた感のある光市母子殺人事件。本当の被害者遺族である本村洋さんが、取材に対し「懲戒請求していただいて、感謝の気持ちを持っています」と、言葉少なに語ったのが印象に残った。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中