2018年 7月 22日 (日)

F1マシンは「タイヤの付いた戦闘機」 日本GP開幕

印刷

   F1世界選手権今季第15戦「フジテレビ日本グランプリ」は9月28日、静岡・富士スピードウェイで開幕する。ここでの出走は30年ぶりだ。

来年は

   今朝のとくダネ!は自局で中継するとあって、ホイホイ浮かれ気味で盛り上げた。

   富士山の裾野で行われるとあって、レ-スとともに世界中の人に"ニホン名物"フジヤマの景観をアピールしよう。ついでにフジTVも・・・・

   番組では現地から中継アナの報告。スタジオではヘルメットを持ちレーシング・スーツに身を固めた田中大貴リポーターがはしゃいで「今日はスタジオにこのようなモノを用意しました」

   モノはでかい。ホンモノのレーシングマシン(とはいっても2年前に退役)がスタジオを占拠している。製作費用は20億円。

   「よくクラッシュするでしょ。5台クラッシュすると100億円ですか」(佐々木恭子アナ)

   小倉智昭がドライバー・シートに乗り込もうとしたが、狭くて入らない。取り外せるハンドルは小型のノートパソコンぐらいの大きさで軽そう。

   そのスピードは最高速で370キロ。「タイヤの付いている戦闘機」といわれているそうだ。

   鈴木亜久里にいわせると「100メートル競争をすると、一般車はサンダルでこっちはスパイクシューズで走るようなもの」――

   300キロのスピードで競うマシンのバトル。精密なメカニックと、人間によるハンドルさばき、そしてピットにおけるバックアップなどの総合力が勝敗を決める。

   車体やドライバー・シーツに付けるロゴ(スポンサー広告費)は小さなものでも億単位だ。

   「来年はひとつ“とくダネ!”のロゴを貼ってもらおうか」・・・何かいわなければならない職業であるメイン・キャスターのどうでもいいひとこと。

   それよりもせっかくスタジオにマシンが実在しているのだから、その凄まじい爆音も聞かせてもらいたかったね。残念だった。

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中