2018年 7月 19日 (木)

すぐにでもプロにしたい!「アカペラ甲子園」の浴衣娘たち

印刷

   少し前になるが、9月11日にフジテレビで放送された「青春アカペラ甲子園 ハモネプLEAGUE」は出来がよかった。5、6年前にアカペラブームを巻き起こしたネプチューンの番組がスペシャル番組として復活したもので、懐かしかったなぁ。

   624組(3307人)ものグループが予選に参加し、勝ち抜いた若者たちが決勝に進んだ。それだけに非常にレベルが高く、コーラスを存分に楽しめた。東大や阪大、それに群馬の進学校・前橋高校など、偏差値の高い学校のグループがたくさん出場していた。そのせいもあって、アカペラというとなんだか知的な感じがする。

   優勝したのは、浴衣姿の女の子たちの4人グループ「Soft Voice」。童謡やナツメロをアカペラでやったんだけど、非常に心地よい歌声だった。アカペラは気持ちよさが伝わるかどうかが勝負なんだよな。とても素晴らしい表現力をもった女の子たちで、すぐにでもプロにしたいと思ったよ。

   特番というと、レギュラー番組をワイド化したものが多いが、こういう昔の番組を久しぶりにやるのも、内容がしっかりしていればいいものだ。「アカペラ甲子園」というたいそうなタイトルだったが、名前負けしないものだった。

   それにしても、携帯やインターネットが流行るなかで、若い人がこれだけテレビに出たがっているとはね。それがちょっと意外で、うれしかった。

      ハモるには 偏差値高く 腰低く

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中