橋下弁護士、「淫行」にモノ申す「法で罰することではない!」

印刷

   ワイドショーにふさわしいニュースをひとつ。

男の子がこれで傷つきますかね?

   夫子ある42歳の女性教員が元教え子の16歳少年と交際。勤務していた佐賀市の中学校を無断欠勤して不倫旅行し、その間、少年とわいせつな行為をしていたとして、いわゆる淫行条例で御用となった事件である。

   吉永みち子は、恋愛感情は年齢差に関係ないとしながら、「(教員の行動は)少年や自分の家族の人生を大きく狂わせたことになる。それは人としてどうなのか」と疑問を呈した。

   すると、橋下徹弁護士が大反論。「だからって、公権力が法で罰するようなことではない」「そもそも淫行条例は最高裁でも大激論になってる」。少年も自分の意思で決めたのであって自己責任、自由恋愛である。「男の子がこれで傷つきますかね?」

   まるで明日は我が身、というような真剣さで熱弁を振るった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中