2018年 7月 19日 (木)

橋下弁護士、「淫行」にモノ申す「法で罰することではない!」

印刷

   ワイドショーにふさわしいニュースをひとつ。

男の子がこれで傷つきますかね?

   夫子ある42歳の女性教員が元教え子の16歳少年と交際。勤務していた佐賀市の中学校を無断欠勤して不倫旅行し、その間、少年とわいせつな行為をしていたとして、いわゆる淫行条例で御用となった事件である。

   吉永みち子は、恋愛感情は年齢差に関係ないとしながら、「(教員の行動は)少年や自分の家族の人生を大きく狂わせたことになる。それは人としてどうなのか」と疑問を呈した。

   すると、橋下徹弁護士が大反論。「だからって、公権力が法で罰するようなことではない」「そもそも淫行条例は最高裁でも大激論になってる」。少年も自分の意思で決めたのであって自己責任、自由恋愛である。「男の子がこれで傷つきますかね?」

   まるで明日は我が身、というような真剣さで熱弁を振るった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中