テレ東特番「大和魂」 タイトルおおげさだけど地味だった

印刷

   9月21日の夜7時から、テレビ東京で「大和魂」というスペシャル番組をやっていた。おおげさなタイトルなので、いったい何をやるのかと思って、見てみた。

   日本のタレントが外国のテレビ番組や世界的な競技大会に出て、日本人の「大和魂」を見せつけようという趣向の番組。司会の草野仁が率いる「草野JAPAN」という触れ込みで、藤井隆やほしのあき、ビビる大木が応援団。元テレ朝でフリーアナウンサーになった辻よしなりが実況するという体裁だ。

   1つ目は、腹話術師のいっこく堂が中国の「超級明星(スーパースター)」という番組に出て、他の中国人と芸を競う。

   2つ目はイギリスの「タフガイレース」。バーミンガムあたりの野原を走る過酷なマラソンレース。5000人ぐらいの参加者が泥沼に入ったり、火をまたいだり、有刺鉄線の下をくぐったりしながら18kmのコースを駆け抜ける。まるで軍事練習みたいなこのレースに、元祖筋肉系タレントの森脇健児と元力士の白川侑二朗が出場した。

   最後は、フィンランドの「サウナ我慢世界選手権」。日本の普通のサウナよりも高い110℃のサウナで我慢比べをする。これには諸星和己が特訓をして参加したが、向こうは水蒸気の質が違うので苦労していた。

   それぞれの大会に出場したタレントは現地の人たちと交流しながらがんばっていた。その努力は買うが、どのネタもいまひとつピンとこなくて、実感がわかないのが残念だった。

   一生懸命作っているのは分かるんだけど、内容は地味で、「大和魂」というタイトルはオーバーだったな。

      タレントも 日の丸掲げ 海外へ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中