2020年 8月 8日 (土)

ベストセラー「生物と無生物のあいだ」の福岡教授が語る「驚きの学説」

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   爆笑問題が「知の最前線」を探索する「爆笑問題のニッポンの教養」。この10月から、隔週金曜日の放送から毎週火曜放送へとランクアップした。

   今回、太田と田中が訪れるのは、青山学院大学の福岡伸一教授だ。狂牛病の感染・発症メカニズムや生物の細胞内で起こる分泌現象の研究で知られる気鋭の分子生物学者だ。著書「生物と無生物のあいだ」(講談社新書)は、よしもとばななや高橋源一郎に絶賛され、科学読み物としては異例のベストセラーとなった。

   福岡は「人間とは、地球全体の分子の循環の中で、一瞬だけ形作られる、分子の集合体に他ならない」という驚きの説を披露する。生命とは何か? 爆笑問題との議論もヒートアップしていく。

爆笑問題のニッポンの教養

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中