2018年 7月 17日 (火)

「罵倒キャラ炸裂」舛添大臣、スパモニから大ブーイング

印刷

   「(銀行は信用できるが)市町村は社保庁より信用ならない」などと発言して物議をかもした舛添要一厚生労働相。鳥取県の倉吉市長らが反論すると、「小人の戯れ言」「マスコミに出たいがためのパフォーマンス。そんなことをやってる町に将来は無い」などと過熱暴走気味である。

ちゃんとしてる市もある…

   そういえば、もともと尊大にして罵倒キャラの人だったなあ、と往時が懐かしく思い出される出来事でもある。スッキリ!!では賛同する声が多かったのだが、スパモニ・コメンテイター陣からは一転、大ブーイングである。

   アーチェリー選手兼コメンテイターの山本博は「あきれました。大臣が言うべき言葉ではない」。「問題のある銀行(員)もたくさんあるのに、抽象的に比較、批判するのは問題発言」と萩谷麻衣子弁護士。

   作家の落合恵子は「どの言葉を使うかには、その人の人間性が表れる。そのことを感じました」と暗に人格批判を展開する。

   最後は、赤江珠緒アナが無難な感想でまとめに。「ちゃんとしてる市と、もめてほしくないですよね」。まあ、こんな場外乱闘もテレビ的には面白いかも!?

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中