「使っても減らない夢の金」に強制捜査 なぜウソ見抜けない?

印刷

   「つかっても減らない夢のカネです。独自の電子マネー円天です」これをおいしい話と信じた人が全国で5万人。出資した金額が総計で1000億円。

会長は神様みたいな人だという人がいた

   夢のカネのエサをまいて人とカネをかき集めた健康関連の食品販売会社「エル・アンド・ジー(L&G)」に10月3日朝、警視庁などの合同捜査本部による強制捜査のメスが入った。出資法違反。

   「年利36%だといいます。ありえないでしょう。常識はずれでしょう。それでも会長は神様みたいな人だという人がいたんです」(みのもんた)

   事件になると騙しのテクニックが明白になってくる。額にして何千万円もの被害を受けた人には気の毒だが、その過程でなんでウソを見抜けなかったのか疑問に思う。

   強制捜査の前にして波和二会長(74)はこうホザいている。

   「円天でお金を減らさない生活を作りましょう。世界中の人が円天生活に意識を持てば完全に世界のお金になります」荒唐無稽で笑うしかないが、こんなホラ話を信じる人がいたから、1000億円もの大金が同社に集まったということだ。

   「取材に行った女性の記者にも勧誘したそうです」(みの)。その記者が出資したかどうかは不明だが、会員には僧侶や先生もいたという。

   勧誘のエサとして会員には特典があった。交通費支給の講演会に無料招待。高級ホテルで食事、宿泊代はタダ。さらに有名演歌歌手やタレントのコンサートに無料招待。スポーツ紙によると広告塔にされて出演した歌手は細川たかし、キム・ヨンジャ、長山洋子、中村美律子、伍代夏子、瀬川瑛子、小柳ルミ子、小林旭、松崎しげるなど。

   今年になって会員の配当を一方的にストップ、解約にも応じなくなった。当然の結果といえなくもない。

   「いま電子マネーなどという時代ですから、ありそうな話だと思った人が多いのでは・・・」(高木美也子)

   おいしそうな話(マルチ商法)には、リスクなんて言葉ですまされない金額の落とし穴が必ずある――こんな警告トークがあってしかるべきだった。

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中