2018年 6月 19日 (火)

フライデー発売中止 週刊朝日編集長も「他人事じゃない」

印刷

   「業界内はこの話で持ちきりですよ。とても他人事とは思えない」と金曜日のアンカー・コメンテイター、山口一臣・週刊朝日編集長。週刊誌「フライデー」が発売中止になった件である。

フライデーがなくなったらワルは喜びますよ

   山口によれば、とくに週刊誌向きの“裏事情”はなく、巷間伝えられているように、時津風部屋の力士の写真を誤って掲載したのが原因だそうだ。

   フライデーの損失額は売り上げで1億5000万+広告+ααと甚大だ。そう考えると、気付かなかったフリをして発売し、次号で訂正すれば、という気もしないでもないが、「発売を水際で止めた講談社は、間違ったものを世に出さない、という版元としての誠意を見せ た」と高く評価する。

   もしフライデーと同じケースが週刊朝日で発生したら、発売中止にするだろうか。気になるところではある。

   山口の“お仲間”のジャーナリスト、大谷昭宏は「(フライデーは)訴訟があったり、講談社には売れ行きへの疑問もあるだろうが、ワルはフライデーがなくなったら喜びますよ。いま、ワルが一番怖がっている雑誌は、フライデーと週刊朝日。頑張ってもらいたい」とエールを贈って終了した。

   

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中