鳥越吠える「告発するなら顔を出してモノを言え!」

印刷

   武蔵川部屋で部屋付きの親方から暴行を受けたAさんが、スパモニでテレビ初激白――。傷の写真も公開した。しかし、番組アンカー・コメンテイターの鳥越俊太郎はAさんに厳しい目を向ける。

それが一番言いたい!

   「時津風部屋では、親方の人柄、性格に問題があり、死亡事件が起きてしまったが、これは性質が違う。逆に、(Aさんが)陰湿ないじめをしていて、部屋を維持するために親方が制裁を加えた。教育的指導だ」

   「だいたいね、こういうことを告発するなら、テレビの前でちゃんと顔を出してモノを言えよ!」

   興奮気味に机を叩くと、「それが一番言いたい」。たしかにAさんは顔を出していなかったし、「実名・顔公開主義」は鳥越の持論ではある。が、視聴者的には、無理矢理、持論に持っていった感がないでもない。

   最近の鳥越は、自分目線で事件のあらましを長々語ったあと、持論に飛躍するコメントが多い。「それが言いたかった!」なら、そこまでの話は一体何だったのかということになりかねないかも!?

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中