2019年 6月 25日 (火)

「ヒール亀田家」に黒星つけた内藤「生活はだいぶ楽に…」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

    世界WBCフライ級タイトルマッチが10月11日、東京・有明コロシアムで行われ、王者の内藤大助(33) が同級14位の亀田大毅(18)を判定で下し、初防衛に成功した。『とくダネ!』にも、「亀田家を負かした男」が中継先から生出演した。

相当イライラしてたでしょ?

   まず、リポーターの田中大貴が2人のプロフイールを紹介。

   大毅は亀田3兄弟の2男で長男は世界チャンピオン。父親の史郎トレーナーをはじめ一家は、試合前から内藤を「ゴキブリ」とこき下ろすボクシング界のヒール(悪役)的存在だが、この一家のスタイルに関西ではファンも多い。大毅が勝てば史上最年少王者で、日本初の兄弟王者となるハズだった。

   一方の内藤は、過去「第1ラウンド34秒KO負け」「第1ラウンド24秒KO勝ち」という戦歴があり、「最短男」の異名を持つ。北海道・豊浦町出身で、アルバイトをしながらコツコツ練習して頂きに登りつめた苦労人で、地元をはじめファンの多さでは大毅に負けていない。

   初めて亀田家に黒星をみまった内藤が、中継先からインタビューに応えた。以下、小倉智昭キャスターとの一問一答。

   小倉 「サミング(目つぶし)が見えないところであったりとか、太ももを殴られたりとか、いろいろやられてたんで、相当イライラしてたでしょ?」

   内藤 「はい(笑)。それで『お前ふざけんな』って、僕がこづいたら、僕のほうが先に減点を取られて・・・・・・。せっかくいい選手なので、もっとクリーンにやった方がよかったと思いました」

   小倉 「以前、第一ラウンド34秒KO負けがありましたが、あの時は覚えていましたか?」

   内藤 「まったく覚えていませんでした。気がついたら控室に座っていた。まわりにマスコミの方などがいるので『皆さん何してるの』と言ったら、『もういいから』とトレーナーが言って・・・。『いゃ、オレこれから試合だよ』と言ったら、『もう終わったよ』と言われて、やっと気づきました」

   小倉 「生活は楽になりましたか?」

   内藤 「ファイトマネーが入るので、チャンピオンになってから、だいぶ楽になりました」

   小倉に「次の試合」について聞かれると、「今はボクシングの『ボ』の字も聞きたくないですけど」と笑っていたが・・・

   最後にニューズウイーク日本語版編集長の竹田圭吾が「相手が亀田選手でなかったらこんなに盛り上がらなかったと思うと、ちょっと複雑ですね」。

   とかく暗い話題の続くスポーツ界。特異なキャラクターの亀田一家がボクシングを面白く盛り上げていることは確かだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中