2020年 12月 3日 (木)

人生変えた「尾崎豊」との出会い 幻冬舎・見城徹が語る

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   新規参入の出版社が成功することはない。そういわれる出版業界にあって、設立10年あまりで10本以上のミリオンセラーをたたき出している出版社がある。角川書店の編集者だった見城徹が1993年に設立した「幻冬舎」である。

   今回の「知るを楽しむ」では、そんな編集者・見城徹の人生哲学を聞く。第3回のテーマは「尾崎豊 内臓同士の擦りあい」。見城が惚れ込んだ男、尾崎豊について語る。

   角川書店の編集者としてヒット作を連発していた三十代半ば。見城はルーティンワークとなりつつあった仕事に物足りなさを感じていた。そんな時に、金も名誉もすべてを失い、失意のどん底にあった尾崎豊と出会った。尾崎の復活劇に自分を重ね合わせて、新しい自分に生まれ変わることを誓う。彼の人生観を変えた尾崎豊との「道行き」とはいかなるものだったのか?

知るを楽しむ 人生の歩き方

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中