大谷昭宏「亀田家は最後にババをつかまされて大損した」

印刷

   現場である「亀田家」はそろそろ消費し尽くしたのか――上部構造の追及開始と相成りました。番組によると、今度は日本ボクシングコミッション(JBC)に、非難の石つぶてが雨あられである。

この仕手戦を誰がしかけたのか?

   JBCの落ち度は相撲協会なみに甚大だ。亀田"部屋"を野放しにした管理責任。今回の会見の仕切りにも問題があった。会見場は狭く、スーパーモーニングは入れてもらえない。大毅の途中退席もJBCの考えであった。あんなふざけた会見で一件落着にするつもりかetc。

   「タマ打ってもエエ」などの反則指示について、JBCは真相を究明すべきだと、スポーツジャーナリストの二宮清純は主張した。急所攻撃は「選手生命を失うこともある」ほど深刻な反則である。

   しかし、本人が否定している以上、テレビを通しての、聞こえた聞こえないの忖度は水掛け論にも思える。あの試合で、レフェリーは急所攻撃の反則を取っていなかったのも事実だ。力士の死によって始まり、実行者が親方の暴行指示を証言した相撲部屋の例とはハッキリ違っている。

   ジャーナリストの大谷昭宏は株の仕手戦にたとえる。「(亀田家という)安い株を、わーっと値を上げて、最後にババをつかまされ大損したのは、亀田家、子供たち。この仕手戦を誰がしかけたのか。これが本当の真相究明だ」

   亀田をいち早く"発掘"して値を上げてきたのは、とあるテレビ局――ということになるんだろうか。ところで、テレビとは視聴率の奴隷であり、つまりは視聴者を映す鏡。自分自身に石を投げる必要があるかもしれない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中