「働きマン」菅野美穂の演技が抜群にいいね

印刷

   10月になり新しいドラマが続々と始まっているが、日テレで水曜10時からやっている「働きマン」が面白い。

   人気コミックをドラマ化したもので、女性の雑誌編集者が主人公。非常にテンポのいいドラマで好感がもてたが、なんといっても主役の菅野美穂の演技が抜群にいい。恋人がいるんだけれど、忙しくてなかなかデートできない。仕事か恋か、どっちを取るか悩んだあげく仕事をとる。そんな女の辛さがよく出ていた。

   こういう悩みはテレビタレントなんかでも同じだ。女というものを意識しすぎると仕事がうまくいかなくなってしまうことがある。たとえば、山田邦子。好感度1位を何年も続けていたが、結婚して「妻」になったら飽きられてしまった。その邦子に取って代わったのが、久本雅美。最初から「女を捨てました」という感じでやっているのが強みになっている。

   悲しいけどグッとこらえ仕事に打ち込む。そのあたりの感じを菅野美穂はうまく表現していた。「働きマン」というタイトルのゆえんだ。コミック原作のドラマなんだけど、それほど漫画チックではなく、ほどよい味付けになっているのが良かったね。

   それから最後のほうで出てきた「働きマン音頭」。パパイヤ鈴木が登場してみんなで踊るんだけど、これが面白かった。なかなかできる技ではないと思うよ。

      スープより スクープ作る 女記者

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中