2020年 7月 10日 (金)

爆笑問題が迫る!100兆個の細菌が共生「腸」の神秘

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   爆笑問題の二人が"知"の最先端を訪問する「爆笑問題のニッポンの教養」。今回は、二人の母校でもある日本大学へ。腸管免疫・腸内微生物学を専攻する上野川修一教授を訪問する。

   長さ7メートル、広げるとテニスコート1面分の面積にもなる「腸」の中には、重さにすると1キロ、100兆個もの細菌が棲んでいる。また、1億の神経細胞が集中していることから「セカンド・ブレイン」とも呼ばれている。

   上野川は「人間は脳で考えるが、腸でも考えているかも?」と語る。腸は、悪玉菌と善玉菌が絶妙なバランスでひしめき合い、強力な免疫システムを作り上げる「カラダの中の小宇宙」なのだ。

   爆笑問題が、知られざる「腸」の世界に迫る。

爆笑問題のニッポンの教養

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中