美恵子さんの「相手」にテリー激怒「ふざけた男。ルール違反だ!」

印刷

   「ふざけた男ですよ。ペラペラしゃべって。ルール違反だ」とテリー伊藤が切れた。

借金だって怪しいもんだ!

   元横綱若乃花の花田勝氏と先頃離婚したばかりの美恵子さん(38)が、4年前に不倫していたと、今日(10月22日)発売の週刊現代が報じた。相手は、俳優・歌手の青木堅治さん(27)で、昨日(21日)テレビカメラに「事実です」と認めていた。

   週刊現代によると、2人は2003年に知り合い、青木の方から「つき合ってくれないか」「わたしみたいのでいいの?」と始まり、翌年から会員制ホテルで密会。子どもは家政婦がみていた。関係は約半年で破局したが、その間に青木が別の女性に借りていた200万円を、美恵子さんが肩代わりしていたなどなど、当事者が語らなければわからない詳細が書かれている。

   当の青木は、「なぜこのタイミングで(公表)?」と聞かれて、「(週刊誌に)聞かれたから」とあっけらかん。ブログで「過去のこととはいえ、行動は軽率で反省している」と。

   青木が所属する事務所の社長までが昨日会見して、記事に書いてある(まだ発売前)ことは「全部事実です。借金は返済しました」などと語ってもいる。この日事務所は川崎で、青木ら4人グループ「JACK JACK」を立ち上げていた。

   加藤浩次も「相手がしゃべるというのはね~」と口をあんぐり。あの、青木?JACK JACK って何ですか? 事実なら美恵子さんも軽率だが」

   爆発したテリーは止まらない。「借金だって怪しいもんだ。だめなホストがよく使う手ですよ。パックリ自分のポケットに入ってるかもしれない」

   加藤が必死に「わかぁんないですよ~」とおさえにかかるが、テリーは「ふざけたやつだ。ふざけたやつ。間違いない」

   勝谷誠彦は「社長もからんでるんじゃないの? 社長もタレントもおれが出るといって出てきている感じだね」と、売名行為を疑う。たしかに週刊誌発売とのタイミングが微妙だ。

   テリーは「来月のコンサートに、おれは乗り込みます」で大笑い。

   テレビは完全に振り回されていた。美恵子さんの自宅に花田勝さんがバイクで乗り付け、その後2人で車で外出、夜帰ってきて、勝さんがバイクで立ち去るまでを、辛抱強く撮っている。レポーターの問いかけにも、2人はむろん無言。まあご苦労様なことだ。

   三船美佳だけが「勝さんのバイクかっこい~」と。

   まあ、不倫するにしても、相手を選ばないといけないというのは鉄則だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中