2020年 10月 30日 (金)

「隠れ腎臓病」2000万人!予防法はあるのか?

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   自覚症状がないままに悪化し、尿毒症や腎不全などによって死に至る恐ろしい病気「慢性腎臓病」。今年、日本腎臓学会が行った調査では、なんと、患者の予備軍である“隠れ腎臓病”が2000万人にも上ることが明らかになった。毎年新たに1万人もの透析患者が増加しているという。

   腎臓は、体中の血液をろ過してきれいにし、老廃物を尿として出す“フィルター”の役割をする。しかし、ろ過を担当する200万個の「糸球体」は毛細血管の集まりで極めて繊細だ。一度壊れると再生は不可能となる。

   そこで早期発見のため「尿タンパク」の検査が重要となる。腎臓の状態を知る貴重な指標だ。今回の「ためしてガッテン」では、専門医とともに、早期発見のコツや、腎臓を壊さない生活習慣を徹底追求する。新たな国民病・腎臓病の最新予防法とは?

ためしてガッテン

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中