亀田父の「移籍工作?」で金平会長激怒「二重の背信だ!」

印刷

   昨日(10月22日)の「スッキリ!!」が伝えた、「亀田史郎氏が水面下で移籍工作?」がなにやら大事になった。スポーツ新聞が一斉にこれを伝え、協栄ジムの金平桂一郎会長が怒ったのだという。

亀田ファミリーは金を生むニワトリ

   オールボクシングジムの津川勝会長が、史郎氏から15日に電話があったと打ち明け、「移籍の話だなとピーンときた」などと語っていた。今日の番組では、昨日は流さなかった「大阪へ帰ってきたときは、(いつも)うちで(練習)するから‥‥」なんていう発言も出していた。

   これに対して金平会長は、「テレビを観ていて非常に憤った。亀田史郎氏、興毅選手、大毅選手の3人は、わたしどもの配下の選手。史郎氏はわたしが雇用している状態ですから、二重の背信になる」という。

   まあ、当然だろう。05年にグリーンツダジムとの対立で、行き場がなんくなった亀田親子に救いの手をさしのべ、3000万円という移籍金を払ったのが、金平会長だったのだから。これからジムが出す処分についても、金平会長は「影響します。(史郎氏が)どう釈明するかですがね」と。

   加藤浩次が「昨日のジムの会長の発言が問題になっているんですか?」

   取材した大竹真が説明した。「放送を観て、スポーツ紙が取材にいった。すると津田会長は『テレビ局にのせられてしまった』と言ってる。で、ボク電話しましたよ。『ボクのせました?』って。そしたら、まあまあまあ‥‥」と。「ここまで、話が大きくなると、会長自身も思っていなかった」。

   香山リカが「あの会長、関西のサービス精神でしゃべっちゃって、それと東京式の契約だとかが‥‥」とすれ違いを指摘したが、的を射ていた。

   テレビを観ていても「あ、会長そこまでしゃべったらやばいよ」と思った人は多いはず。あれが関西流。大竹だって、話が大きくなるのわかっていて流したんだろうに。これが関東流だ。

   その大竹は「なんでいま怒るのか。怒るんだったら、もっと前のいろいろあった段階で怒っていいはず」と金平会長に疑問を呈したが、これは筋違い。

   宮崎哲弥は「このまま協栄ジムにいつづけるのは難しいんじゃないの。他のボクサーとの交流もないようだし」

   テリー伊藤は「(東日本ボクシング協会会長の)大橋さんのところで一時預かるという手はある」。さらに「亀田ファミリーは金を生むニワトリみたいな、おいしい部分があるからね」と、これもことの本質の部分だろう。

   番組は話の最後に「FAXでご意見を募集しております。03-3573-5021」と出した。さてどうなることやら。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中