2020年 7月 10日 (金)

SF映画の巨匠が描いた人類の未来予想図「2001年宇宙の旅」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
J-CASTニュース テレビウォッチ
(C) WARNER BROTHERS INTERNATIONAL TELEVISION DISTRIBUTION

   1968年に公開されたスタンリー・キューブリック監督のSF映画「2001年宇宙の旅」。当時の常識を超える精密なSFXを駆使した美しい映像が大きな話題を呼んだ。その不朽の名作が「衛星映画劇場」で放送される。

   月面で人類が住むようになった現代、アメリカのフロイド博士は、月で石碑のような謎の物体「モノリス」を発見した。「モノリス」は木星に向かって強烈な放射能を発射していた。この件を調査するために、科学者たちは原子力宇宙船ディスカバリー号で木星へ向かって旅立った。

   宇宙船ディスカバリー号には、船長のデビッド・ボーマンとフランク・プールら5名の人間と、最高の人工知能であるHAL(ハル)9000型コンピュータが搭乗していた。今回の探査計画に疑問を持ったHALが暴走して……

衛星映画劇場(深夜)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中