マット・デイモン「レッドソックスは松坂に価値ある金額を支払った」

印刷

   ハリウッドの人気俳優マット・デイモンが、11月10日に公開される映画「ボーン・アルティメイタム」のPRのため来日している。そこで『とくダネ!』でもデーブ・スペクターが英語でインタビュー。

きっちりした人ですねえ

   マット・デイモンはボストン近郊にあるハーバード大学出身ということもあって、ボストン・レッドソックスの大ファン。デーブが気を利かして、レッドソックスの帽子とスタジアムジャンパーを身に着けてあらわれると、「素敵な服だね。気に入ったよ(I love it.)」と大喜びだった。

   デーブが「この番組の司会者は松坂の大ファンなんだよ」と松坂の話題をふると、「レッドソックスは価値ある金額を支払った。松坂が加わってくれたことをうれしく思っているよ」と優等生的な答えが返ってきた。もちろん日本のファンに向けたリップサービスなのだが、そうと分かっていても、なんとなくうれしいものだ。

   マットが主演した「ボーン・アルティメイタム」は、記憶を亡くした元CIA工作員ジェイソン・ボーンの活躍を描くサスペンス・アクション。映画では人並み外れた頭脳と肉体を持つ“元暗殺者”をクールに演じていたマットだが、インタビューでは柔和な笑顔でていねいに答えていた。

   映画好きで知られる佐々木恭子アナも「きっちりした人ですねぇ。いい人だなぁ」と感心しきり。本物のスターとはこういうものなのかも。エリカ様にも見せてあげたい!?

文   小太郎 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中