「武器商人」の接待攻勢に目がくらんだ「ゴルフ天皇」

印刷

   「徹底的に追及してもらいたいね。それで退職金が8000万円ですよ、8000万!」 防衛省の“ゴルフ天皇”守屋武昌前事務次官に対して、みのもんたの怒りの声のボリュームが上がった。

退職金が8000万円!

   その前に朝ズバッ!は自民党幹部のコメントを流した。ゴルフ漬けだった防衛背広組トップのやりたい放題にあきれ果てている

   「退職金の自主返納を求めたい」(石破茂・防衛相)
   「防衛省ってところはそんなにヒマな役所なのかねぇ」(伊吹文明・幹事長)
   「毎週ゴルフだったら体力がいるなぁ」(鳩山邦夫・法相)

   ――後出しのイエローカードみたいな談話だ。

   政治家はホントに知らなかったのか。それとも黙視していたとなればこれも問題だ。

   “ゴルフ天皇”の証人喚問が与野党でもめている。

   「簡単にいうとテロ特措法審議をめぐっての駆け引きであって、政府与党は彼をかばう気はまったくない」(岸井成格)

   証人喚問は10月29日に予定されている。モチ「テレビ中継アリ」だろうね。国民はみんな見たがっているのだ。

   守屋前事務次官の嫌疑はゴルフばかりではない。業者、いいかえれば武器商人からハンパじゃない接待攻勢を受けている。"癒着天皇"でもある。

   「(兵器の)業者がタニマチのようにくっ付いているわけですから、これは綱紀粛正というよりは、思いきって見せしめをしないとダメですね」(荒俣宏)

   「今回の汚職は場合によっては大きな事件になる。喚問よりも徹底した捜査で法的に洗い出してもらいたい」(岸井)

   「何兆円というわれわれの税金を勝手に使われているんですよ。こういうのは根絶出来ないものかねぇ。喚問してはっきりしゃべってもらおうよ」(みの)

   今年はナントカ王子がいろいろ出現した。防衛庁から格上げした防衛省の前事務次官は、天皇と呼ばれてカネと人事を支配していた。

   ナントカ王子はかわいい存在だが、この汚職天皇はまさに醜悪だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中