ネットに勝てるか?「着メロ」「顔文字」載せた広辞苑

印刷

   かつては「一家に一冊」という時代もあった。そんな気もするベストセラー辞書、岩波の「広辞苑」が10年ぶりに改訂されることになった。

結局、ネットを引いてしまいそうな・・・

   「普通の辞書と違って、広辞苑を引くときは『勉強してるぞ』という感覚に陥ったりする」とキャスターの小倉智昭は言うが、あまりにも分厚すぎて使い勝手がよろしくない。個人的には、コンパクトで語句説明が面白い三省堂の「新明解国語辞典」のほうが好きである。

   それはともかく、今回の改訂で広辞苑24万語のうち1万語が新しく追加された。その4割弱がカタカナだという。「外来語がいかに日本の生活に氾濫しているのかがよくわかります」(小倉)。

   新しい言葉が日々生まれる現代。どの言葉を捨て、どの言葉を選ぶかはさぞ苦労したことだろう。落選組の代表は、「イナバウアー」「萌え」「できちゃった婚」。その一方で、「いけ面」「癒し系」「顔文字」「逆切れ」「うざい」「着メロ」などが、新規参入をはたした。

   しかしデジタル時代のいま、"紙"の広辞苑は売れなくなっている。電子辞書がどんどん普及しているうえに、インターネットで言葉を調べる人が増えているからだ。

   そんな動きに対抗するべく、広辞苑も新語をできるだけ取り込むとともに活字を大きくして、辞書離れに歯止めをかけようとしている。だが『とくダネ!』のエンタメ担当、笠井信輔アナは正直だった。

   「結局、ネットを引いてしまいそうな気がする・・・」

文   小太郎 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中