葉山エレーヌ「悪質商法に勧誘されたら日本語できないフリをする」

印刷

   悪質な美容クリニックの被害が後を絶たない。美しくなりたい、若さを保ちたい、という女性の願いは自然だが、それにつけこむ金目当てのエステ商法も隆盛だ。

モノは安いものを求めるけど、身体には求めない

   その結果――街頭でのアンケートに、「肌の老化が心配」と書いたら、近くのサロンでの無料チェックに誘われる。そして「老化が進んでいる」といわれて、フェイシャルエステ3か月無料から、結局30万円の化粧品つき契約へ。

   無料相談で帰ろうとしたら、体質チェックで「血液ドロドロ」「このままでは子どもができない身体になる」「放っておくと30歳で死ぬ」といわれ、100万円の契約。

   月1万円なら払える‥‥といった18歳の大学生。「特別に分割にしてあげる。内緒だよ」と、60万円の契約。ただ、生年月日を成人とさせられた。クレジット会社の審査を通りやすくする手法だ。

   専門家によると、法律上、エステ契約は確実に効果が保証されるものではないので、特定商取引法の規制を受ける。むろん契約の取り消しや中途解約ができる。対象は、月5万円、1か月以上の契約。勧誘の手口は次のようなものだ(かっこ内が違法にあたる)。

   ・「無料のお肌チェック」と誘い、高額な契約をすすめる(勧誘の目的を告げているかどうか)
   ・施術が無料でも、商品が有料(抱き合わせ販売)
   ・「子どもができない」「死ぬ」などの不安をあおる診断(医療機関ではないので違法)

   ひっかかったらどうするか。専門家は

   ◇契約の内容、金額の詳細を確認する
   ◇契約書は治療が終わッた後も保管する
   ◇トラブルが起きたときは、医師の診断書をとって専門家に相談する

   結局、時間との勝負だという。

   今日は加藤浩次がお休みで、藤井貴彦アナが代役。「いやー、顔のことですからね」と葉山エレーヌを振り向いた。

   エレーヌは「よく勧誘を見ますけど、ついていく人もいますね」「葉山さんはどうするんですか?」「わたしは、日本語ができないふりをして‥‥」(笑)

   おおたわ史絵が「いやらしいね。わたしは声をかけられない。こわそうに見えるらしい」

   テリー伊藤は「100円ショップみたいにモノは安いもの求めるけど、身体には求めない。金をかけたいと」

   おおたわも「女性のきれいに対する欲求はうなぎのぼりで、青天井なんですね。美容クリニックも10倍20倍という単位でふえている」

   「高額な契約は当たり前なんですか?」(藤井)

   「ローン会社と契約してるんですよ」(おおたわ)

   テリーは「栄養ドリンクでも高いものが効くと、そういうのあるかもね」

   おおたわは「医療行為はリスクがあると知ることが重要。100%よくなるわけではないと」

   藤井は「怪しいなと思ったら、その日はやめておくことも必要ですね」

   そうそう、それが一番。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中