芸人殺し?「お笑い」もできる「ジャガー横田の夫」

印刷

   ジャガー横田の夫にして医師、そしてスパモニホームドクターの木下博勝。今日は出張人間ドックなる企画で華道家の假屋崎省吾のお宅(表参道18億円)を訪問。

芸人の出る幕がないですよ

   生活習慣のチェックが本来の仕事のはずだが、やっていることはほぼお宅訪問リポーターであった。豪華な装飾品を目にして「妻はこの放送見てほしくない(欲しがるから)」と笑わせたり、大げさなリアクションをしてみたり、そこらのアナウンサー顔負け。伊集院光が危機感をあらわに噛みついたのも頷ける。

   「普通、こういうのって若手芸人が“お笑い”を担当して、先生は“権威”としているじゃないですか。両方やられちゃうと芸人の出る幕がないですよ」

   このごろ、筆者的には夫の方が妻よりテレビで目にすることが多い。そのうち、肩書きから“ジャガー横田の”が消えてそうな勢いである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中