長澤まさみと「夢の共演」 さんまはしゃべりすぎ?

印刷

   日曜夜9時のTBSドラマ「ハタチの恋人」。明石家さんまと長澤まさみのラブコメディだ。

   脚本は今すごくノッている吉田紀子で、プロデューサーはTBSを代表するヒットメーカーの八木康夫。そしてディレクターは清弘誠と、最強の制作陣。キャストもさんまと、いま日本で一番かわいいといわれる長澤まさみ。それに、若い人に人気がある塚本高史や、渋いところでは市村正親も重要な役で出ている。顔ぶれとしては申し分のないドラマだ。ストーリーも単純明快でわかりやすい。

   だけど、ドラマを見ていて「ワクワク感」が漂ってこないんだよな。残念ながら、期待していたほどには面白くない。

   なぜなんだろうと考えてみると、どうも「大阪弁」に原因があるようだ。さんまは大阪に家がある設定で、奥さんの森下愛子や友達の市村正親も大阪弁でしゃべる。大阪弁が重要なポイントになっていて、みんな苦労しながらしゃべっているんだが、中途半端な感じなのだ。おかげで、ドラマの流れが悪くなってしまっている。

   もう一つは、さんまがしゃべりすぎなんじゃないかと思う。長澤まさみはただかわいいというだけで、日曜夜9時のドラマの主役を演じ切るにはまだ力不足。それをカバーしようというあまり、さんちゃんがしゃべりすぎる。そこにこのドラマの落とし穴がある。

   でもドラマのレベルは高く、まだまだ期待できる。これからがんばってもらいたいなぁ。

   ちなみに、番組のスタッフロールの「協力」のところに「吉本産業株式会社」というのが出てくる。これって「吉本興業」の間違いじゃないかとも思ったけど、実際にそんな会社があるのかな?

      恋人に こんなのいたらと 淡き夢

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中