2018年 5月 26日 (土)

協栄ジム「陰のドン」が激白「亀田はいまだに許せんよ」 

印刷

   「そうすると、(亀田家の)練習再開はまだ見えない…!?」。赤江珠緒キャスターが心配そうに聞くと、亀田問題を追及し続けるスポーツジャーナリストの片岡亮がうなづく。移り気な世間様的には許してやろうムードだが、ボクシング界ではまだ腹の虫がおさまってないんだという。

練習再開はまだ見えない・・・

   協栄ジムの“陰のドン”なる人物が番組に初激白した。先代の故・金平正紀会長と旧知の仲で、ジムの設立当初から関わり、現在も多大な影響力があるという。ただし、陰の存在だけに名前や顔はもちろんのこと、声すらも不明である。信頼度の高い匿名情報だ。

   「苦労して育てたジムに、途中からヘンなチンピラみたいのが入ってきて、引っかき回された。いまだに許せんよ」。ドンはナレーターの声を借りて厳かに訴える。亀田道場を開いたり、マッチメークもジムを外して、勝手にやったetc。

   スタジオの片岡も、金平会長と現場の間には温度差があると指摘する。出戻りの亀田に向けられる視線は冷ややかなモノになりそうだ。ドン主導の“稽古”が行われないよう、願いたいところではある。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中