F1ルイス・ハミルトン、電柱にドスンと「衝突」

印刷

   日本に居ながらにして海外のセレブを追っかける在宅パパラッチ、デーブ・スペクターの『スター超まるみえチャンネル』。今朝の面白ネタは・・・

   まず、かつて『ゴッドファーザー』で共演したロバート・デニーロとアルパチーノ。今度は『グランドファーザー』という映画に、二人とも刑事役で出演、現在撮影中という。デーブが「本当の刑事ならとっくに定年」という二人が撮影の合間に興じたのがバスケ。

   デニーロがドリブルしながらボールを入れようとするのだが失敗。代わりにアルパチーノがシュートし、「お見事、67歳とは思えません」(デーブ)。悔しがったデニーロがこのあと何度も挑戦するが、結局入らずじまいだった。

   続けての話題は、あのパリス・ヒルトン。買い物に来るというので、大挙待ち構えていたパパラッチの車がパリスの車にドスン。頭に来たのか、店のシャターを降ろしてパパラッチを締め出したまではよかったが、連れてきたアシスタントまで締め出し、怒ったアシスタントがシャターをドンドン。

   さらにもう一つ。F1のタイガー・ウッズと呼ばれ、今シーズン鮮烈のデビューを果たしたF1レーサーのルイス・ハミルトン。女性とのゴシップが絶えず、イギリスではパパラッチに追い駆け回されっぱなしとか。

   やむなくスイスに移住したが、デーブによると「本音は税金が安いから」らしい。そのルイスが、フードで顔を隠しビルから出てきた。待ち受けるパパラッチの目の前で、頭を電柱にドスン、ここでも“鮮烈のデビュー”を。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中