ナイナイと優香が組めば「オグシオ」に勝てる?(99プラス)

印刷

   ナインティナイン(岡村隆史・矢部浩之)の二人が、毎回ゲストの芸能人とトークしたり、一緒にロケにいったりするバラエティ番組「99プラス」が、10月から日テレの火曜深夜枠で始まった。

   新番組といっても9月まで土曜深夜で放送されていた「ナイナイサイズ!」をベースとした番組で、ロケとトークや番組スタッフはほとんど同じ。曜日とセットをチェンジし、番組をリニューアルした形になる。

   ナイナイサイズ!と違うのは、ナイナイがそれぞれ「ヨーグル食べ行こ!」や「一戸建て探さへん?」など、自分たちのやりたい企画をゲストに提案して参加者を募り、定員に達したら企画実行のためロケに出かける点である。番組では、それぞれの企画プランのことを「コミュ」と呼んでいる。たとえば今募集中のコミュとして、「ナイトサファリ行こ!」(岡村)や「セパタクローしませんか?」(矢部)などがある。

   岡村と矢部は毎回2人登場するゲストに向かって、そのコミュを提案した理由を熱心に語る。企画についてトークを繰り広げながら、番組の最後に、参加したいコミュをゲストに挙げてもらうのだ。

   哀川翔と優香がゲストのときは、矢部が"バトミントンのオグシオと対戦する"コミュを提案した。すると優香が突然「バトミントン得意ですよ!」と発言。岡村に「優香ってどんくさいイメージだよね~」と言われると、腕前を披露するため、いきなりスタジオでバトミントンをはじめた!しかし結局イメージ通り、あまり上手ではなかった。矢部にも「優香、息あがってるよ」とつっこまれたが、「バトミントンに興奮してるんです!」と反論する優香。

   かと思えば、哀川翔が突然「ハゼを採りに行ったら多摩川で溺れそうになったんだよ~」といきなり溺死寸前の体験談を披露したりと、なんとも自由な番組である。早くもグダグダ感丸出しのスタートだが、そういった「行き当たりバッタリ」な感じをあえて売りにしている番組なのだ。

   本家の「めちゃイケ」では、視聴率で「はねとび」に抜かされたナインティナインであるが、若手芸人の勢いにまかせた笑いとは一線を画し、トーク中心の番組で本領を発揮してもらいたい。今後ロケによるゲストとナイナイとの絡みがどういった絵になるのか、非常に楽しみである。

   ※99プラス(日本テレビ系・火曜23時58分)

文   リアルぷーさん
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中