2020年 11月 1日 (日)

生物が「生き残る条件」は強さか?それとも…

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   爆笑問題が“知”の最先端を訪問する「爆笑問題のニッポンの教養」。爆笑問題の二人が大学教授とともに「生きることとは何か」について語り合う。今回二人は静岡大学へと向かった。永遠の昆虫少年のような“数理生態学者”吉村仁教授が待ち受けていた。

   吉村は、謎の生物「素数ゼミ(=蝉)」の研究で世界に知られている。「素数ゼミ」は土の中で17年間(もしくは13年間)過ごした後に成虫となり、定期的に大発生を繰り返す。今年5月にもアメリカ・シカゴで、70億匹の「素数ゼミ」が大発生し話題になった。なぜ17年もの長い間を幼虫として過ごすのか?

   吉村は、動物たちの「生き残り戦略」について研究し、地球生物の共存の鍵を探っている。「生物生き残りの条件」とは何か?

爆笑問題のニッポンの教養

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中