2018年 7月 19日 (木)

「政権」大マスコミの思うがままか 違和感ある人とない人

印刷

   「小沢劇場」は民主党・小沢代表の辞意撤回でいったん終幕となった。拍手よりブーイングが多かった。「ドラマの筋書きそのものがわからない」・・・そこでスパモニは舞台裏のシナリオはどうだったのかを―――

有権者は何も手に入れられなかった

   <小沢氏の大誤算!?“大連合シナリオ”の崩壊><極秘で行われた幻の仕掛け人 水面下80日間の攻防>

   読売新聞のドン様、渡辺恒雄主筆が幻とされた仕掛け人。ある民放テレビでは自分の口から黒幕だったことを認めたそうだ。

   「かってのベテランの政治記者は、平気で領袖の戦略を一緒に考えたり、政局に口を出して仕掛けたりしていた」。三反園訓・テレビ朝日コメンテーターは不思議なことではない、異和感は全くない、というが・・・タレント・伊集院光は国民のスタンスで率直にいった。

   「そちらサイドに異和感はなくても、ぼくらサイドにはすごく異和感がある。あの方(ナベツネ)は選挙で選ばれたわけでもないし、そんな職業にいるわけでもないのに、政治の世界で力を持っているのに異和感があるわけです」

   政治は別世界なのか、「小沢劇場」は特別公演ではなく、ベテラン記者のシナリオで幕が上がったり下がったりするのか。同じ政治記者として、三反園訓はそうした特権意識を認知するのかい。

   伊集院光のコメントはまっとうな意見だと感心した。

   政治は選挙で選ばれた政治家の仕事だ。選挙や政界についてはマスコミの仕事だ。

   ・・・今回の「小沢劇場」は謀略(だましあいの意)がテーマだった。

   来季の巨人のチーム構想を練っていればそれでいい人が、堂々と国会というステージで影響力を持つなんて変!

   振り回される政治家は反省が必要だ。

   赤江珠緒が締めくくった。「今度の騒ぎで有権者は、結局は何の結果も手に入れられなかった。政治にますます不信感をつのらせたようです」

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中