自民・木村衆院議員 無責任引退は年金狙い?

印刷

   自民党の木村隆秀・衆院議員が今期限りで引退を表明した。まだ52歳。健康面問題なし。

   投票した愛知5区の有権者はびっくりしながら「あまりにも無責任」―――

   スパモニでも批判の視線でとりあげた。

   「引退して農産物作りをしたいらしいね」とひやかしを入れる森永卓郎。それはいいとして「総選挙を前に、公認の後継者選びの面で早くから表明するのは、自民党にとって都合はいいこと」発言はとんちんかん。

   国民の目線は安倍前首相の“わがまま退任!”と同じく見えて当然だ。

   国会からズラかる理由として「政治家に不向きではないかと以前から思っていた」・・・

   地方議員を含めて議員歴25年。防衛副大臣もつとめた。

   HPには「とことん前向き」「基本理念は…やり遂げるその意思」・・・虚言の羅列といえる。

   「政治に向いてないのなら、もっと早く辞めるべきだ」とゲスト陣は非難する。

   フツーの生活に戻りたい・・・そんなことをいって引退した芸能人じゃあるまいし。

   若一光司は“年金狙い”ではないかと推論。「地方議員を12年、国会議員を10年やってます。これは木村議員に年金受給資格が与えられる期間とピッタリ合致します。額は5,600万ほどですが・・・」

   52歳で優雅な年金生活者に入ります―――あきれ返るスタジオだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中