2018年 7月 22日 (日)

チェ・ジウも真っ青 みのの「根本クンワールド」

印刷

   「いま、わたしはピンクのマフラーをしてるんですが――」。お天気キャスターの根本美緒が話しはじめる。「みのさんは、今日マフラーをしてきましたか?」

いまの、きいてたなぁ

   「今日はブルーのマフラーで勝負しようかと…」とみのもんた。「そうですか、でも日中はこのマフラーもいらなくなりま~す」と言って、根本クンは身長ほどもある長いマフラーを投げ捨てる。

   すると、「いまのアクション、きいてたなあ。チェ・ジウかと思ったよ」とみの。アクションとチェ・ジウの関係がいまひとつ謎だが、最大級のお世辞を言ったつもりらしい。

   根本クンは「(似てませんよ)すいません」と視聴者に頭を下げる。しかし、これによって今日も二人だけの世界が展開されていたことがわかるのだ。

   朝ズバッ!では、誰もが司会者のみのに語りかけるカタチで進行していく。番組アシスタント役の竹内香苗アナの場合、「みのさん」と話しかけていても、言葉通りの「姿勢」はほぼ視聴者向き。みのの言ったことも右から左へという感じで受け流す。もう少し、みの寄りなのはスポーツコーナーの高畑百合子アナだが、とうてい根本クンにはかなわない。

   かりに「視聴者:みの比」というものがあるとすると、根本クンの「みの比」はとっても高いのだ。それにしても、根本クン・ワールドは恐ろしい。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中