こんな離婚ならしてもいい?

印刷

   テレビのワイドショーだけに成立するニュースがある。芸能人の異性関係だ。

不思議な門出ですね

   <惚れた、別れた>が視聴者の好奇心をくすぐる。

   とりわけ意外性のあるカップルの<離別、離婚>はワイドショーにとっておいしい。

   「仲のいい夫婦大賞」なんぞをもらったりして、お茶の間ではおしどり夫婦で知られている落語家の春風亭小朝(52)・元歌手でタレントの泰葉(46)夫妻が異例の夫婦そろっての離婚会見。

   異例!な会見にスパモニも嬉々として取りあげた。離婚をネタにしたコメディ・ショーとして。

   紙吹雪は舞っていないが「2人の門出を祝福しているような」金屏風をバックにして弟の林家正蔵、いっ平も同席。

   結婚して19年後のことしの9月。泰葉が切り出した。

   「(落語家の)おかみさんのポジションからはずしてくれない?」

   マネジャーが監督に辞任を申し出たようなもの。

   会見はサプライズ、発言もサービス精神てんこ盛りのコメディ路線。

   「離婚届がラブレターです」(小朝)

   「最近一緒にテレビに出演したのは思い出作り。気がすんだ」(泰葉)

   番組は「昭和の爆笑王」林家三平一家の"ワイドショー祭り"を並べてみせた。

   海老名みどりの「重大決意」(実は本のPRだった)・・峰竜太、こぶ平時代の正蔵の浮気発覚会見。

   「もう、2度としないと思います。どーも、すいません」いつだって冴えた迷言で楽しませてくれた。

   泰葉は謎かけまでやっちゃった。「この会見とかけまして泰葉とときます。その心は、コワサ(コアサ)知らず。どーもすいません(と頭に手の例のポーズ)

   林家三平は平成のいまも生きている。どーもすいません・・・謝るのはタダ。その上で笑ってもらえる明るい離婚の一席。

   「2人の不思議な門出ですね」赤江珠緒は笑っていいのやら、困った顔をしてしめくくった。

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中