ミシュランの東京三ツ星を超える料理とは?

印刷

   ミシュラン――おいしいものに関心のない人でも知っている"飯屋の番付表"だ。「星がいくつ」などと味の評価によく使われている。

ぼくが行く店は候補にない

   本家はフランスの「ミシュランガイド」がニホンに進出してきた。アジアでは初めての「2008 TOKYO」がいよいよ2007年11月19日、発表される。

   スパモニは妙に張りきった。<ミシュラン東京版間もなく発売><業界騒然 星いくつ!?>と話題として取りあげながら、<独自調査 ミシュラン東京の掲載グルメ店はここだ!>までやってしまった。

   なぜこんな騒ぎになるのか。料理評論家・山本益博はいう。

   「天下の三つ星だと、世界中からお客さんがやって来る。人間国宝みたいなもんかな。いま、日本食が世界でスタンダードになっていて、これで真っ当に評価されたということですね」

   番組では日本食の格付けがアップした例をフリップで見せた。

   「ミシュラン2008 ニューヨーク」に掲載されたレストラン565店のランキングは(1)イタリア料理111店(2)コンテンポラリー78店(3)日本料理56店(4)フレンチ42店(5)アメリカン35店・・・

   なんとフランス料理を見おろしている。

   と同時に注目は☆ミシュランに始めて寿司店が登場☆日本人初の三つ星シェフの誕生だそうだ。

   ついでに☆の評価基準は―――

   ☆☆☆=わざわざ訪れる価値がある卓越した料理

   ☆ ☆=遠回りしても訪れる価値がある素晴らしい料理

   ☆ =そのカテゴリーで特においしい料理、だそうだ。

   スタジオは食う話になると、おれにもいわせろ状態。盛りあがる。

   「ぼくが行く店は候補にないようだね」(鳥越俊太郎)

   「これは大いなる遊びでしょ。私は自分の味覚を信じたい」(落合恵子)

   がやがやを制したのは山本。決まった。

   「自信を持っていいます。ぼくは女房の料理が星一番だと思います」

   異議ありません。

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中