「流行語大賞」何でしょう? コメント陣「そんな話題関係ネ~」?

印刷

   年末恒例の「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補となる60語が発表になった。

いったいどれが、選ばれる?

   大きなボードには、それらがズラリと並んだ。

   KY なんとか還元水 そのまんまショック 身体検査 姫の虎退治 ハニカミ王子 そんなの関係ね? どんだけ? 欧米か! Dice-K 無能力化 炎上‥‥今年はなんか、インパクトのある言葉が少ない感じだ。

   これを前に笠井信輔が、「オグシオが入りました」と、その直前のニュースにあった小椋久美子、潮田玲子のバドミントン・チャンピオンペアの名前をあげた。「この中で気になる言葉はありますか?」

   ところがスタジオが全然のらない。まず「ない」という男の声。やっと「ビリーズブートキャンプ」と、多分佐々木恭子。「すごいのりましたから」。しかし、この番組はいつもそうなのだが、発言者の顔を出さないものだから、だれだかわからない。

   「格差婚」というところで、やっと前田忠明の顔が出た。「陣内さんと藤原紀香さんだからね」

   小倉智昭が「鈍感力」に、「力をつけたところがうまい表現だなー」

   友近は「ルー語」を選んだ。「ごっちゃにするところ」

   笠井は「いったいどれが、大賞に選ばれるでしょうか」といったが、スタジオは依然としてのらず。何ともしまらない。

   この「得もり」というコーナーは、笠井が伝えるなんでもありのごった煮なのだが、笠井のしゃべりが重いので、ネタの切り替えがいつももたもた。とくに、コメント陣の反応が悪いと、悲惨なことになる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中