ミシュランが何だ! 「三つ星」アキバ発変身ラーメンとは?

印刷

   食事は自分が「絶品だ!」と思えば究極のB級グルメ。インスタント・ラーメンの生卵をポトン。まさに"三つ星"の味わいだった。満腹満足だった。

ラーメンは日本の文化です

   いまや即席めんは全世界に普及している。そのうち、「ミシュラン・即席めん版」が出来ても不思議はない。

   ちなみに日本人1人当たりの年間消費量は41.3食。少ない、いや少なくなった。発展途上国では日常的にがんがん食っている。ズルズルすすっているのに。

   スパモニは"三つ星B級グルメ"として秋葉原名物「Akiba Noodle さくら」にスポットをあてた。

   メニューの400種類のインスタント・ラーメンが陳列されている。<3分間待つのだよ>といわれながら、じィーっと見つめていた懐かしいデザインの袋・袋・袋。

   国内はもちろん外国産もあってまるでラーメン・ミュージアム。

   お客さんは食べたいラーメンを調理してもらえる。どんぶりは有田焼でトッピングはいろいろある。

   「オトナの駄菓子屋感覚で始めた」という店長のおすすめは「ひきわり納豆そば」=380円 「利尻昆布ラーメン」=380円・・・

   そして究極の"三つ星ラーメン"はというと、ジャーン!「アキバ発変身ラーメン」―――

   値段は190円~380円。あっさり系のとんこつ味。半分くらい食べたところで変身する。しょうゆをちょいと加えると「しょうゆとんこつ」にヘンシーン。アキバらしいコンセプトですね。

   スタジオでは赤江珠緒が「おいしい」を連発して食っている。同じく鳥越俊太郎が口をもぐもぐさせながらいう。

   「ラーメンは日本の文化です。インスタント・ラーメンも・・・」食事を戴いているときはお喋りしちゃいけません―――日本にはそんなうるさい食事作法の時代もありましたね。

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中