夫婦の会話「1日?分以下」だと「愛情なし」

印刷

   3連休にお台場で行われた小倉智昭プロデュースのイベント「オトナPARK」はどうやら大成功だったらしい。その報告で「ご夫婦が多くて、素敵な結婚生活なんだろうなぁ」といったところで、夫婦の会話の話になった。

それ、問題ですよ

   明治安田生命の調査で、日に会話が30分以下が40%、ゼロが2.8%‥‥と紹介して、会話が30分以上の夫婦は、94.5%が愛情を持っているが、30分以下だと66.6%。「つまり3分の1の夫婦が愛情を持ってない」と小倉がいう。

   「それ、問題ですよ」と佐々木恭子の声が大きくなる。

   小倉はそこで、年末大掃除を夫が手伝ったかどうかに飛ぶ。笠井信輔に「去年は手伝いました?」。笠井は「どうしてこういう話になるのか」といいながら「手伝ってません」と。

   別の調査では、手伝った夫が70%。その妻の84%が「満足した」と答えている。

   小倉は「会話が少ないんなら、せめて罪滅ぼしに大掃除を手伝えば離婚の危機が少しは薄れるかもしれません」といったものの、やっぱり苦笑い。

   「いや、年末忙しくて」という笠井に、「だめ、そんなこといってちゃ」とまたまた大声の佐々木だったが、「こういう会話に入れない恭子ちゃん」という小倉に、「1人になってから、電話代が高くなった」と、わりとあっけらかん。

   そこへピーコが水を差す。「お掃除することが愛情?」

   さらに「結婚して10年、15年たったときの愛情って何なの? 話しかけてもらいたいなら、話しかければいいじゃない」とズバリ。

   小倉は一瞬沈黙して、「そう思ってもできないのが夫婦‥‥」とわけのわからん締めでした。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中